スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1976年、ロンドンの裁判所で・・・

11 30, 2006 | Posted in 外国の雑学

2 Comments
どうも。


早速ですが、雑学いきます。





1976年、ロンドンの裁判所で『100時間ピアノ演奏の刑』という判決が下されたことがあります。


悲惨ですね。





補足1:ロンドンとは英国およびイングランドの首都です。


補足2:この判決が下された理由

1976年、ロンドンで63歳の女性ピアニストが出来心で万引きをしてしまったから。


補足3:そのときの被害額は、わずか16ポンドでした。


補足4:この刑で具体的にさせられること

時間が合計100時間に達するまで、老人ホームを歴訪して、孤独な老人たちを慰めるために無償でピアノ演奏。



参考資料もの言う翔年(ユリウス):音楽刑 -粋な刑罰-


« 芸人の猫ひろしは・・・ 世界一長い国歌 »

- Comments
2 Comments
ラブクリスタル
11 30, 2006
URLedit ]
Keyさん、こんにちは。
万引きは犯罪ですが63歳の女性に100時間の刑というのは、なんとも・・・。
もう絶対この方は出来心を起こさないでしょうね。
ただ、老人ホームでの演奏は彼女の心にも良い結果をもたらしただろうと思われます。
で、でも100時間・・・。ロンドン恐るべし。
Key
11 30, 2006
URLedit ]
ラブクリスタルさん、どうも。
コメントありがとうございます。
そうですね。この女性は、もう二度とこんな馬鹿なことはしない、と心に誓ったことでしょう。
私もロンドンでは犯罪を犯さないと決めました(基本的にどこでも犯罪は犯しませんけどね)。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。