スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も長い実用的な英単語

12 17, 2006 | Posted in 言葉・漢字の雑学

2 Comments
今回は英単語を紹介します。

では、紹介します。





最も長い実用的な英単語は

Pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis(ニューモノウルトラマイクロスコーピックシリコヴォルケーノコニオシス)

で意味は、「石英など、 ケイ酸塩の微細な粉塵を吸い込むことによって引き起こされる肺の病気」です。


是非、使ってみてください。





補足1:複数形については語尾の「i」が「e」に変わってPneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosesとなり、同様に45文字です。


補足2:この単語は、1936年にオックスフォード英語辞典に最初に記載され、続いてウェブスター英語辞典、ランダムハウス英語辞典などに記載されました。


補足3:余りにも長いため、病気そのものについてはPneumoconiosis(塵肺)が使われることが多いです。



参考にしたサイト
ニューモノウルトラマイクロスコーピックシリコヴォルケーノコニオシス-Wikipedia


« カタログの時計の秘密 将棋の「歩」の裏が「と」である理由 »

- Comments
2 Comments
北村 庵
12 18, 2006
URLedit ]
これを覚えるのは…難しいですね;
途中で絶対、綴り間違いをしそうです。
Key
12 18, 2006
URLedit ]
北村 庵さん、コメントありがとうございます。
自分で言っておきながらなんですが、覚えるの難しいですね。
しかも使う場面があまり無い、というのも辛いです。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。