スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諺「二階から目薬」の「目薬」は・・・

12 19, 2006 | Posted in 言葉・漢字の雑学

2 Comments
「二階から目薬」についての雑学です。

意味を知らない人はいないとは思いますが、知りたい人は補足へいってください。

では、雑学を紹介します。





諺「二階から目薬」の「目薬」は、現在使われているような液体ではなく、塗り薬でした。


きつそうですね。





補足1:諺(ことわざ)とは鋭い諷刺や教訓・知識など含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉の事です。


補足2:目薬とは「点眼液」の俗称で、目に直接投与する液状の薬のことです。


補足3:「二階から目薬」とは遠まわしなため、じれったく、いらいらとすることや、ものごとが思うよういかない、という意味の諺です。


補足4:当時の目薬は、軟膏のようなものを目に塗りこむ薬であったようです。


補足5:実際に2階から目薬をさすと、平均で10回に1回程度は成功するらしいです。



参考にしたサイト
2階から目薬│中目黒で働く社長           (になりたい人)のブログ

ことわざ-Wikipedia

二階から目薬:ことわざの参考書

目薬-Wikipedia


« 「ブス」の語源 「奇想天外」という名を持つ・・・ »

- Comments
2 Comments
北村 庵
12 20, 2006
URLedit ]
目に直接…ですか…。
絶対痛いですよ。
Key
12 20, 2006
URLedit ]
北村 庵さん、コメントありがとうございます。
絶対痛いですね。想像するだけでも鳥肌が立ってしまいます。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。