スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクシングのリングの名前の由来

12 26, 2006 | Posted in スポーツの雑学

0 Comments
この前、ボクシングWBA世界ライトフライ級タイトルマッチがありましたね。
あの、あれですよ、亀田興毅選手とファン・ランダエタ選手がしたやつですよ。

ということで、ボクシングについての雑学を紹介しようと思います。

ちょっと時期が遅かったですかね。

まぁ、そんなこと気にせず雑学を紹介します。





ボクシングのリングの名前の由来

「輪」という意味の リング【ring】 からです。


詳しくは補足で。





補足1:ボクシングとは拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘技の一種です。


補足2リング【ring】が由来である理由

ボクシングも昔、丸い円の中でやっており、その周りを観客が取り囲んでいた。
なので、ボクシングをする場は、リングになった。
それが、ロープを張るようになって、ロープを丸く張るのは難しいから、リングが四角になったのだ。


補足3
:宗教上の祝日である「ボクシング・デー」がありますが、全く関係はありません。


補足4:その「ボクシング・デー」は12月26日、今日です。



参考にしたサイト
こどもスポーツ研究室

ボクシング - Wikipedia




ちょっと関係ある話

「ボクシング・デー」が今日だったことは本当に偶然でした。

マジで驚いてます。プーさんの時といい今回といい、普段は起こらないような偶然が起きています。

近いうちに何か起こりそうな予感がします(おおげさすぎますかね)。


« 肉じゃが誕生の裏話 津波の高さの測り方 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。