スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座高を測る意味

12 28, 2006 | Posted in 体の雑学

2 Comments
小中学校では測っている、座高についてです。

毎年私をブルーにさせてくれる座高ですが、果たして測る意味はあるのでしょうか?

ということで調べました。





座高を測るのは、(今は)ほとんど意味がありません。


意味ないのにわざわざ測って、ブルーにさせられてた・・・・・
妖精さんの悪戯としか思えませんね。





補足1:座高とは椅子に腰掛けた時の、椅子の面から頭のてっぺんまでの高さのことです。


補足2意味がないのに座高を測る理由

昭和10年代からのことです。
そのころの考え方として、内臓のある上半身が発達していることが健康であるといわれていました。
さらに、徴兵制のため健康や体力が重要視され、そのために内臓が発達しているかどうかしらべる必要があったということです。

そのときの名残のようなものです。


補足3:今はしいて言えば机・椅子のバランスを見るために測っているらしいです。


補足4:「座高を測る意味はほとんどないので省略してほしい」という意見がでているらしいです。



参考にしたサイト
これはもうすんなり解決しました!

座高 - Wikipedia


« 諺「飛んで日に入る夏の虫」の「夏の虫」とは・・・ 入浴中におこる眠気の正体 »

- Comments
2 Comments
ラブクリスタル
12 29, 2006
URLedit ]
私も座高って測るたびに人と比べて「胴長?」って考えちゃってた。
なつかしいなあ、未だに行われてるのか。
しかし、徴兵って・・・。
日本はもうちょっと、古いもので不必要なものの整理をしようよ!
Key
12 29, 2006
URLedit ]
>ラブクリスタルさん
未だに行われているか分からないですが、多分行われていると思います。

>>日本はもうちょっと、古いもので不必要なものの整理をしようよ!
同感です。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。