スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哺乳類で唯一飛行できる動物

01 13, 2007 | Posted in 生き物の雑学

0 Comments
久方ぶりに2度目の更新です。


哺乳類で唯一卵を産む動物がカモノハシだったので、今回は哺乳類で唯一飛行できる動物を紹介しようと思います。





哺乳類で唯一飛行できる動物は、コウモリです。





補足1:コウモリとは脊椎動物亜門 哺乳綱 コウモリ目に属する動物の総称です。
約980種が報告されていますが、その種数は哺乳類全体の4分の1近くを占め、ネズミ目(齧歯類)に次いで大きなグループとなっています。
漢字では「蝙蝠」と書きます。


補足2:ムササビなども飛行しているように見えますが、滑空しているだけで、飛行しているのではありません。


補足3:コウモリといえば吸血鬼につながるイメージがありますが、実際には他の動物の血を吸う種はごくわずかであり、大抵は植物や虫を食べます。


補足4:古代ローマの博物学者であるプリニウスは、コウモリのことを「翼をもったネズミ」と呼び、鳥の一種に分類していました。


補足5
:コウモリ(蝙蝠)の「蝠」の字が「福」に通ずることから、縁起物とされます。
特に中国では、百年以上生きたネズミがコウモリになるという伝説もあり、長寿のシンボルとされています。



参考にしたサイト
コウモリ - Wikipedia


« サランラップは元々・・・ 「ぎゃふん」の語源 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。