スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちんぷんかんぷん」の語源

01 24, 2007 | Posted in 言葉・漢字の雑学

0 Comments
早速ですが、語源を紹介します。





「ちんぷんかんぷん」の語源

儒者の用いた難解な漢語を冷やかして真似た造語からなのか、外国人の話す言葉の口真似をしたもので、教養のなかった当時の人々によって作られた言葉とされる。





補足1:「ちんぷんかんぷん」とは話している言葉や内容が全くわからないことや話が通じないことを表す、言葉です。
漢字では書く場合は、「珍紛漢紛」のほか「珍糞漢糞」「陳奮翰奮」など多数あります。


補足2他の説

中国には、
聞いても解らないという意味の「チンプトン」、
見ても解らないという意味の「カンプトン」
という言葉があり、この「チンプトン、カンプトン」から、見ても聞いても解らない意味になったとする説。


補足3:しかし、「ちんぷんかん」は、言葉が全く解らない状況のみを意味していたことや、教養のなかった人々によって広まった背景など考えると、中国語説は不自然で、たまたま音や意味が近かっただけの俗説と考えられます。


補足4
:この言葉は江戸時代から多く使われるようになりました。



参考にしたサイト
ちんぷんかんぷん - 語源由来辞典


« 「新幹線」という名の・・・ タレント・島田紳助の本名 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。