スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳の大きさを決めた人物

09 13, 2007 | Posted in 人物の雑学

0 Comments
では、紹介します。





畳の大きさを決めたのは、織田信長だという説があります。





補足1:畳とは日本で利用されている伝統的な床材です。
縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類があります。


補足2織田信長が畳を現在の大きさにした(という説がある)理由

鉄砲や弓矢から人がひとり隠れるのにちょうど良い大きさにするため。


補足3:この説は間違っている可能性が高いと思われます。

「参考にしたサイト」の上に張っているリンク先を読んでくだされば、
そう思う理由が分かっていただけると思います。



参考にしたサイト
畳店の全国ネットワーク・タタミショップネット-畳屋ブログ(1)
畳店の全国ネットワーク・タタミショップネット-畳屋ブログ(2)
畳店の全国ネットワーク・タタミショップネット-畳屋ブログ(3)
畳店の全国ネットワーク・タタミショップネット-畳屋ブログ(4)

畳-Wikipedia


« 幼稚園と保育園の違い ヒアルロン酸が多く含まれているところ »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。