スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴキブリ以下

10 12, 2007 | Posted in 雑記

0 Comments
昨日亀田と内藤の試合がありましたね。
そのことについて少し興味があったので紹介します。

(以下抜粋)
11日、WBCフライ級タイトルマッチが行われ
チャンピオンの内藤大助が同級14位の亀田大毅に3-0の判定勝ちで、初防衛に成功した。


「負けたら切腹する」
と試合前に宣言した亀田だったが試合開始からガードを固めたままパンチをほとんど打ちにいかず、
まさに甲羅に閉じこもった亀のような戦い方で試合は進んでいった。

しかし、3ラウンド、亀田の頭部が内藤の完治していないまぶたの傷にぶつかり、内藤が出血。

すると、亀田一族の持つ天性のヒール体質が目を覚ます。

クリンチのたびに傷口を頭や腕でぐりぐりしまくり、
11ラウンドではクリンチの離れぎわ、グローブで内藤の目の傷をすりあげた。


しかし、テレビ中継したTBSのアナウンサーは、それらのラフ殺法についてはいっさい口にせず、
亀田のパンチが内藤に当たったときだけ「亀田、フックが入った!」などと中継。

内藤のパンチが亀田に当たってもまったく無視。
スポーツとカネの結びつきを日本中にさらした。

そして最終12ラウンド、
ボクシングの試合をしているのに、自分がプライドに出場しているのと勘違いしたのか、
亀田は内藤に変形のフロントスープレックスを仕掛ける。

1192106867.gif

フロントスープレックスを仕掛けている場面

しかし、体勢がくずれ失敗。


その後も、片足タックルからのマウントポジションなど、
亀田はアグレッシブなプライド殺法を展開。
当然のごとくマイナス3ポイントの罰則を受け、内藤が判定勝ち。

試合直後からネット上では亀田のアグレッシブさやTBSの金権体質に対する絶賛の声が、
ニキビかつぶれたときのうみのように噴出。
フリー百科事典「Wikipedia」では、亀田切腹後の様子までしっかりと掲載された※ネタです

1192105823.gif



亀田は試合前「お前はゴキブリ」と内藤を挑発していたが、
内藤は「俺に負けたらお前はゴキブリ以下になるんだよ」といなしていた。


実際にゴキブリ以下になってしまった亀田大毅。
正直、亀田はあまりにもひどい、今回ばかりは本気であきれた。
トランクスのケツに刺繍してあった「弁慶」の二文字だが、本物の弁慶に失礼極まりない。









今回はちょっとやりすぎましたね。


傷口をぐりぐりするとか、もうスポーツマンシップも何もないですよ。


パフォーマンスなのは分かりますが、切腹はどうするんでしょうね。

内藤は切腹発言について

「どうせ、亀田は切腹するなんて思ってなかったよ」
「最初から切らないのは分かっているから。ネチネチとこれ以上言ったらかわいそう」

と述べています。大人ですね。かっこいい。


今回、亀田には心底がっかりさせられました。

これからは亀田兄弟が活躍しても、
実力ではなく何かあったんだと信じ込むことにしようかと思います。




抜粋元
ゴキブリ以下の亀田大毅ボクシングをプライドと勘違いlおもしろコミュニティ 縁count


参考にしたサイト
SANSPO.COM>ファイト 【BOX】内藤初防衛!亀田に黒星、「国民の期待に応えられた」


« 「マニア」は医学用語で・・・ テンプレート »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
1 Trackbacks

亀田親子が厳重処罰を食らったそうだ。僕は彼らの否定派だが(弘毅と父・史朗は特に嫌い)、ちょいと今時間があるので書きます。(始めに断っておくと、僕は格闘技ファンだが、ボクシングについてはあまり知らん。)まず、

URL | 10 20, 2007


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。