スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球上のほとんどの物質は・・・

10 21, 2006 | Posted in その他の雑学

0 Comments
こんにちは。

いろいろな事が起こり更新が遅くなってしまいました。

さっきまで友達の家のパソコンで更新しようと試みていたんですが、3度のフリーズと友達の弟(6歳)の妨害によって、断念しました。

今から、頑張ってどんどん更新していこうと思います。

それでは、雑学いきます。


地球上のほとんどの物質は、恒星の燃えカスです。


補足1:地球とは太陽系の惑星のうち、太陽に3番目に近いものです。
太陽系の中では岩石質の「地球型惑星」に分類され、その中で大きさ、質量ともに最大のものです。
放射性元素による隕石の年代測定により、誕生してから約46億年経過していると推定されます。
私たちがいま住んでいる惑星です。

補足2:地表面の70%が海で被われています。

補足3:地球上のほとんどの物質が恒星の燃えカスという理由

恒星が燃えるといっていますが、正確には核融合反応が起こっている(燃えるというのはあくまで比喩)。
恒星の水素は核融合反応を起こしてヘリウムに変わります。
すべての水素がヘリウムに変わってしまうと、通常の星の場合は爆発してしまいますが、異常に大きい星の場合そのヘリウムが核融合反応を起こして炭素に変わります。
さらに、出来た炭素がヘリウムと核融合反応を起こして酸素に変わります。
そうやって、様々な核融合反応を起こしながら、いろんな物質が出来るのです。
そして、鉄がかなりの比重を占めるようになると、
鉄は核融合反応を起こせないから重力を支えきれなくなって爆発し、それまで出来たものを撒き散らします。
地球上のほとんどの物質は、この撒き散らされたものが集まった結果なのです。
つまり、地球上のほとんどの物質は、異常に大きい星が燃えて作られたものばかりなのです。

自分には少し難しすぎたので、ほとんどコピーさせていただきました。

参考資料仮想世界

« 視聴率を知る方法 徳川家康は・・・ »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。