スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海沿いの風が強い理由

06 18, 2011 | Posted in 日常生活の雑学

0 Comments

この前海に行った時、気になったので調べてみました。



海沿いの風が強い理由
・海は風を遮る障害物がないから。

・日中は陸地と海面との温度差により海風(海から陸に向かう風)が吹くから。



補足1海風の説明

風は、高気圧側から低気圧側へ吹込む。
日中は比熱が小さいため陸地の方が空気を暖める。
その結果、陸地に上昇気流が発生し低気圧ができる。
海は陸地より比熱が大きいため空気が暖まりにくく、
上昇気流が発生せず高気圧ができる。
したがって、陸地の低気圧に向かって、海から冷たく重い空気が流れ込んでくる。
これが海風である。

比熱とは…物質1gあたりの熱容量。
大きくなるほど、温まりにくく、冷めにくくなる性質を持つ。



補足2:海風が吹くのは日中だけで、夜になると逆に陸から海に吹く風になり、
昼間のような強い風は吹かなくなります。



参考にしたサイト
なぜ海沿いは風が強いんですか? - Yahoo!知恵袋

易しい気象学

比熱


« 柔らかいティッシュが甘い理由 コーラにメントスを入れると起きる現象の名前 »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。