スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカには・・・

10 22, 2006 | Posted in 人物の雑学

0 Comments
こんばんは。

更新がひどく遅れてしまいました。

それでは、雑学いきます。


アメリカには、破産したあとに自ら「カリフォルニア皇帝」であると主張した人物がいました。


補足1:その人物の名はジョシュア・エイブラハム・ノートンです。

補足2:ジョシュア・エイブラハム・ノートンとはサンフランシスコの実業家です。
ペルー米への投機に失敗して破産した後、1859年に自ら「合衆国皇帝にしてメキシコの庇護者ノートン1世」と名乗りました。

補足3:ノートンはかなり常軌を逸していたにもかかわらず、19世紀後半のサン・フランシスコ市民からそのユーモアと「皇帝勅令」によって非常に親しまれました。

参考資料ジョシュア・ノートン - Wikipedia

« 145年間・・・ 情けは人のためならず »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。