スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長するにつれて小さくなる蛙

10 30, 2006 | Posted in 生き物の雑学

0 Comments
どうも。



なんか、もう既に眠いです。

今日は非常に疲れることをしたからですかね。


そんなことより、雑学いきます。



普通の生き物は成長するにつれて大きくなりますが、逆に成長するにつれて小さくなる生き物がいます。

そいつの名は「アベコベガエル」またの名を「縮みガエル」といいます(わかりやすい)。




補足1:アベコベガエルとは南アメリカ(コロンビア~アルゼンチン北東部)に生息する両生類・無尾目(カエル目)・アベコベガエル科の蛙です。


補足2:成体の体長は5~10cm程度ですが、幼体は25cmほどもあります。


補足3:特徴は他のカエルより指骨が1つ多く、その分指が長いことです。


補足4:幼生は6~10週間であれば、何も食べずに生きられます。



参考資料川崎悟司イラスト集・アベコベガエル




« 1時間の番組で43分間トークをした女性 赤塚不二夫は歯医者で・・・ »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。