スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で初めて鉛筆を使用した人

11 02, 2006 | Posted in 歴史の雑学

0 Comments
どうも。


もう今日はこれが最後の更新となります。

それでは、雑学いきます。



日本で初めて鉛筆を使用した人は、徳川家康です。



補足1:徳川家康とはここの補足1をご覧ください。


補足2:鉛筆とは皆さんもよくご存知だと思いますが、筆記具・文房具の一種です。


補足3:鉛筆の芯は軟らかいほうから順に6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9Hの17種類があります。


補足4:それぞれの文字の意味は

H⇒HARD(硬い)
B⇒BLACK(黒い)
F⇒FIRM(しっかりした)

ということです。



参考資料トリビアの源泉はぎぞう雑学ブログ(豆知識、知恵袋)




石川五右衛門の処刑法

10 31, 2006 | Posted in 歴史の雑学

0 Comments
どうも。


石川五右衛門の処刑法についてです。

一般的には釜の中で熱湯を浴びた、といわれていますが、実は違います。




さて、それではどういう風に処刑されたのかということですけども、石川五右衛門は本当は釜の中に入れた油で煎り殺されたようです。

油炒めです。




補足1:石川五右衛門とは安土桃山時代に出没した盗賊です。


補足2:石川五右衛門は三条河原で釜煎の刑に処せられたとされています。
当時の釜煎刑とは、熱した巨大な空の鉄釜で死刑囚を炒め物のように焼き殺す処刑です。


補足3:五右衛門の母や一族も連帯責任として処刑されており、母親らは熱湯の釜茹刑で煮殺されていると記録にあります。



参考資料石川五右衛門と白波五人男、オノコロ交響曲


切腹は・・・

10 23, 2006 | Posted in 歴史の雑学

2 Comments
こんばんは。

いろんなブログランキングに参加させていただきましたので、どうかご協力をお願いします。

それでは、雑学いきます。


切腹は斬首よりも名誉な死に方でした。


補足1:切腹とはみずからの腹部を刀で切り裂いて死ぬ儀式で、日本で平安時代以降におこなわれている自死の方法です。

補足2:腹部を切り裂いただけでは死亡までに時間がかかり、死ぬ者に非常な苦痛を強いる為、通常は介錯人が切腹直後に介錯を実行します。


*注意*
切腹をしようと思わないでください。


参考資料切腹 - Wikipedia

リンカーンの演説は・・・

10 22, 2006 | Posted in 歴史の雑学

0 Comments
こんばんは。

眠いです。

早速、雑学いきます。


「人民の人民による人民のための政治」で有名なリンカーンですが、そのときのリンカーンの演説は、国民にはあまり聞き取れられていなかったようです。


補足1:リンカーン(正式名はエイブラハム・リンカーン)とは第16代アメリカ合衆国大統領であり、初の共和党所属大統領です。

補足2:エドワード・エベットとエイブラハム・リンカーンのふたりが演説をしました。
エベットは一時間二十分にわたる大演説をし、並みいる将兵に深い感銘を与えました。
それに対しリンカーンは、何か祈りをこめるような調子で五分ほど演説をしましたが、それは沈痛で、重々しく、聞きとりにくいものでした。
なので、あまり国民には聞き取れられていなかったようです。

補足3:演説が評価されるようになったのは、それからしばらく経ってからのことです。

« Prev Page

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。