スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィル・スミスはウォシュレットを気に入っている

09 09, 2007 | Posted in 人物の雑学

0 Comments
では、紹介します。





ウィル・スミスはウォシュレットを気に入っています。

なぜなら、ウィル・スミスが来日したときウォシュレットを2つ購入したからです。





補足1:ウィル・スミスとはアメリカ合衆国の俳優です。


補足2:ウォシュレットとはTOTOが販売する、温水洗浄便座の名称です。


補足3:わざわざ日本でウォシュレットを購入したのは、
アメリカではウォシュレットを使う機会が少ないので、あまり販売されていないからです。


補足4アメリカでウォシュレットが流行らない理由

アメリカはindividual(個人)をとても大切にするため、ひとつの部屋にはひとつのバスルームがついているのが理想的です。
そのため、日本の歯医者さんなど待合室においてある共用スリッパなども、信じられないのです。
このような価値観を持っているので、ウォシュレットが流行らないようです。



参考にしたサイト
アメリカなるほど話

ウィル・スミス-Wikipedia

ウォシュレット-Wikipedia


タレントのユンソナが初めて覚えた日本語は・・・

08 30, 2007 | Posted in 人物の雑学

0 Comments
PCしていると親に叱咤される域まで達してしまいました。

記事も、親が寝ていないと書けません。

では、紹介します。





タレントのユンソナが初めて覚えた日本語は、「もどかしい」でした。





補足1:ユンソナとは韓国全羅北道全州市出身で日本で活動しているタレント・女優・歌手です。
韓国でも活動しています。歌手活動名はsona。
日本での活動初期には外国人タレント扱いでしたが、現在は一般タレント扱いとなっています。


補足2:ユンソナは伝えたいけど日本語が分からなくて困ったときに、「もどかしい」と使っていたそうです。



参考にしたサイト
徒然Blog:もどかしい

机上の空論:勝った~ヽ(゚∀゚)ノ

ユンソナ-Wikipedia


杉田玄白の本名

08 23, 2007 | Posted in 人物の雑学

2 Comments
こんにちは。

何事にもやる気が起きなくなってきました。結構きてます。

では、紹介します。





杉田玄白の本名は、杉田翼です。


なにやら今風な香りが漂っていますね。





補足1:杉田玄白とは江戸時代の蘭学医です。
『ターヘル・アナトミア』を和訳し、『解体新書』として刊行しました。


補足2:「翼」と書いて「たすく」と読むようです。


補足3:江戸時代での「玄」は「医者」・「白」は「素人」のことなので、「玄白」は「藪医者」という意味です。



参考にしたサイト
さあ、これは難問だぞ!-Yahoo!知恵袋

杉田玄白-Wikipedia


北島三郎は歌手デビュー以前に・・・

07 16, 2007 | Posted in 人物の雑学

0 Comments
こんばんは。

あれから寝てしまったので、勉強できませんでした。
勉強は夜のほうが集中できるタイプなので、これ書き終えてからやろうと思います。

では、雑学いきます。





北島三郎は歌手デビュー以前に、「ゲルピンちん太ぽん太」というコンビ名で漫才をしていたことがあります。





補足1:北島三郎(本名:大野 穣)とは日本の演歌歌手、俳優、タレントです。北海道上磯郡知内町出身。


補足2:漫才は歌の師匠がステージ度胸をつけるためにやらせたらしく、お客さんにも受けず、ギャラは一切もらえなかったらしいです。
またデビュー前に流しのアルバイトをしたことがあり、3曲歌って100円の収入だったといいます。


補足3:ゲルピンちん太ぽん太の「ゲルピン」とは金欠の意味です。


補足4:北島三郎は”ちん太”でした。



参考にしたサイト
北島三郎-Wikipedia


豊臣秀吉の指は・・・

06 22, 2007 | Posted in 人物の雑学

4 Comments
こんばんは。

期末テストが終わりました。
それほど出来が悪かったように感じなかったので、よかったです。

それでは、雑学のほうにいきます。





豊臣秀吉の指は、6本ありました。





補足1:豊臣秀吉とは、日本の戦国時代から天正時代(安土桃山時代)にかけての武将・戦国大名です。
百姓から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。


補足2:手や足の指の数が多い先天異常は、医学的には“多指症”と呼ばれるもので、およそ1000人に一人程度の割合で存在すると言われています。


補足3:戦国時代でも数万人は多指症だったと思われます。
ただ、現代でも戦国時代においても多指症は幼い頃に切断して5本指とするのが一般的です。


補足4:利家の談話集である「国祖遺言」では
「、、、上様ほとの御人成か御若キ時六ツゆひを御きりすて候ハん事にて候ヲ左なく事ニ候信長公大こう様ヲ異名に六ツめかなと、、、」
とあります。意味は、
「上様ほどのお人なら、若いときに6本目の指をお切りなればよかったのに、そうされないので信長公は「六ツめ」と異名されていた」
というような感じです。


補足5:ポルトガルの宣教師・フロイスの残した歴史書の中に、秀吉の容姿について「六本の指があった。」との記述があるそうです。



参考にしたサイト
豊臣秀吉-Wikipedia

教えて!goo 豊臣秀吉の指・・・


« Prev Page Next Page »

ブログ検索
FC2カウンター

現在の閲覧者数
最近の記事
ブログランキング
クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
管理者へ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者メニュー
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。